IR情報

株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様には、日頃より格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は1995年に金融メディア事業の会社として創業し、2005年に上場、2013年に現在のウェルス・マネジメントグループがスタートしました。2015年に現在の不動産金融事業とホテル運営事業を柱とするビジネスへの転換を図り、その歩みを着実に進め、確かな成長を遂げてまいりました。

そして2019年4月から、2022年3月期までの3カ年計画である「中期経営計画2022」をスタートさせました。本計画では「J-REIT創設を目指すことによって、“資産循環型ビジネスモデル”への展開を図り、国内有数の受託資産を獲得すること」、「東証一部上場基準を満たす基盤づくりを進めること」を目標に掲げ、3カ年で売上・利益ともに約4倍にすることを目指します。

当グループの事業環境は、特にアジア地域の経済成長に伴う近隣諸国からの訪日数の増加、また、しばらく続きそうな世界的な低金利環境などを背景に、不動産、中でもホテルをはじめとするインバウンド関連アセットへの投資意欲はまだまだ続くものと思われます。このような追い風を背景に、私たちは「中期経営計画2022」の目標達成と、その後の持続的成長の実現に向けて、より一層の努力を重ねてまいります。

そして、ご支援をいただいている株主・投資家の皆様のご期待に応えられるように、業績をしっかりと伸ばして安定配当を行っていくことはもちろん、配当だけではなく株価や株主優待制度など、トータルで株主利回りの向上を図ってまいりたいと考えております。

今後も、役員、従業員一丸となって事業拡大に邁進するとともに、上場会社としての責任を自覚し、社会に貢献する企業として永続的な発展を目指します。
皆様におかれましては、今後とも末永いご支援とご鞭撻を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。